キャッシングのブラックリストってある?

キャッシングのブラックリストってある?

そもそもブラックリストなんてあるの?

誰でも一度くらいは、「ブラックリストに載るとカードを作ることができない」とか、「ブラックリストに載るとローンを組むことができなくなる」という話を聞いたことがあるかと思います。

 

では、ブラックリストとは一体何なのでしょうか。
そもそもこの世に「ブラックリスト」なるものは存在するのでしょうか。

 

答えはYESです。

 

ただし、「ブラックリスト」というリストがあるわけでも黒い手帳があるわけでもなく、様々な原因によって信用情報機関に事故情報等が登録されることを「ブラックリストに載る」といます。

 

ブラックリストに載る場合

では、どのようなことをするとブラックリストに載ってしまうのでしょうか。

 

ブラックリストに載る代表例としては、債務整理や自己破産が挙げられます。債務超過に陥った結果こういった手続きをした場合、数年間その情報が信用情報機関に登録されることになります。

 

また債務整理まではいかなくとも借入金の返済が滞ってしまった場合には、やはりブラックリストに載ってしまいます。たまたま銀行に入れるのを忘れていて引き落としができず、すぐに振り込みをしたというような場合にはブラックリストに載りませんが、毎月毎月返済が遅れているような場合や、61日以上返済を延滞したような場合には、ブラックリストに載ってしまいます。

 

ちなみに通信販売や携帯電話の代金の支払いを忘れていた場合でもブラックリストに載ってしまうことがありますので、ついうっかり支払いを忘れていたということがないように注意しましょう。

 

ブラックリストに載るとどうなる?

では、上記のようなことが原因でブラックリストに載ってしまった場合、どうなってしまうのでしょうか。

 

ブラックリストに載ったからといって、罰金を請求されたり利息が高くなったりというように、追加の出費が必要となることがありません。

 

しかし、新たに借入をしようとした場合やクレジットカードを作ろうとした場合、あるいは割賦で携帯電話を購入しようとした場合には、かなりの確率で審査に落ちることが予想されます。

 

またブラックリストに載っている人でも借入をすることができる業者も存在しますが、そういった業者に融資をしてもらう場合には一般の消費者金融業者と比べて利息かかなり高く設定されているうえ、保証人や担保を提供しなければならないこともあります。

 

ブラックリストに載ってしまうと様々な不都合が生じますので、キャッシングは計画的に利用するとともに、毎月きちんと返済をしていくことが大切です。