キャッシングは誰でも申し込んでよいの?

キャッシングは誰でも申し込んでよいの?

今までキャッシングを利用したことがない方の場合、キャッシングをしようと思っても果たして自分でもお金を借りることができるのか、不安になりますよね。

 

では、キャッシングサービスを利用すると誰でもお金を借りることができるのでしょうか?

 

残念ながら答えはNOです。

 

消費者金融業者や銀行、信販会社もボランティアでお金を貸しているわけではないため、様々な点で制限を設け、きちんとお金を返すことができる見込みがある方にのみ、お金を融資しています。

 

ではその「制限」とは具体的にどのようなものなのでしょうか。
代表的な例をご紹介させていただきます。

 

年齢

キャッシングをするにあたって最初にクリアしなければならない条件が「年齢」です。

 

とはいってもほとんどの方がこの点はクリアすることができるかと思いますが、多くの消費者金融業者では融資可能年齢を20歳以上69歳以下としているようです。

 

キャッシングはれっきとした金銭消費貸借「契約」ですので、未成年が利用することができないというのは、当然といえば当然ですよね。また借入金の返済期間は5年以上に及ぶこともあるため、あまり年齢を重ねていると融資してもらいにくくなっています。

 

職業

次に職業についてです。
借入金を返済するためには一定の収入がなければなりませんので、この点は大いに考慮されます。

 

ただし正社員でなければならないというわけではなく、アルバイトや期間限定社員、派遣社員であったとしても「安定した収入」さえあれば融資をしてもらうことができます。

 

そのため最近では主婦や学生の方でもキャッシングを利用できるようになりました。

 

収入

Aで挙げた職業と関連して、キャッシングを利用するにあたっては収入も考慮されます。
例えば100万円を借りたいという方の収入が年間10万円では、借入をするのは難しいでしょう。

 

もちろんこれは極端な例であって、実際はあまり収入がない方であっても低めの借入限度額を設定することによってお金を借りることができています。

 

安定した収入があるのであれば、収入についてはそこまで神経質に考える必要はないかと思います。

 

過去の経歴

最後に過去の経歴についてです。過去に債務整理や自己破産をしていたり、支払いを焦げ付かせてしまったりしたことがある場合、お金を借りるのが難しくなってしまいます。

 

 

以上が、消費者金融業者等がお金を貸す際に設けている制限になります。
色々と条件を掲げてはいますが、要するに過去にトラブルを起こしたことがない安定した収入のある成人であれば、ほぼお金を貸してもらうことができるということになります。