銀行カードローンを選んだ場合のメリットとデメリット

銀行カードローンを選んだ場合のメリットとデメリット

簡易な手続きで借入をする方法の一つに、銀行カードローンがあります。

 

では、銀行カードローンにはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。
ここでは、銀行カードローンのメリット・デメリットについてご紹介させていただきます。

 

○メリット

銀行カードローンのメリットとしてはまず、金利が低いという点が挙げられます。

 

キャッシングサービスを提供している消費者金融業者のほとんどは、その金利上限を18パーセント程度に設定しているのに対し、銀行カードローンの金利上限は15パーセント程度になっているところが多いようです。

 

金利が3パーセントも代わりと返済総額にもかなりの差が出てきますので、金利が低いというのはかなりポイントが高いですよね。

 

また銀行カードローンには、限度額が大きいというメリットもあります。

 

銀行は経営母体の資金力が豊富であるため、消費者金融業者よりも多くの金額を貸し付けることができるのです。銀行によっては、限度額が800円というところもあります。

 

×デメリット

次に銀行カードローンのデメリットについてです。
銀行カードローン最大のデメリットは、審査に時間がかかるという点です。

 

銀行カードローンを利用して借入をするために申し込みをした場合、その審査結果がわかるまでには最低でも2〜3日程度かかります。そのため、急にお金が入用になったというような場合には銀行カードローンでは対応することができません。

 

その点、消費者金融業者のキャッシングサービスであればスピード審査の後、即日融資を受けることも可能ですので急にお金が必要になった場合にも安心です。

 

また銀行カードローンのデメリットとしては他にも、審査が厳しいという点が挙げられます。

 

上で銀行カードローンは金利が低めに設定されているという話をしましたが、金利が低い分、銀行は申込者に返済能力があるのかどうかについて慎重に審査をしているのです。

 

審査に時間がかかってしまうのも、このためです。

 

実際、消費者金融業者で借入をすることができたのに、銀行カードローンの審査には落ちてしまった、という方も沢山いらっしゃいます。

 

 

以上のように、銀行カードローンには様々なメリットとデメリットが存在します。

 

「銀行のローン」というとなんだかお得で安心なイメージがありますが、ご利用の際はそのサービス内容や審査にかかる時間等についてもしっかりと確認し、納得したうえで申し込みをすることをおすすめします。