キャッシングの返済方式は何が良い?

キャッシングの返済方式は何が良い?

キャッシングによって借入をした場合、当然ですが毎月返済をしていかなければなりません。

 

そしてその返済方法には、元利均等払いと元金均等払いの2種類があります。
ここでは、それぞれの返済方式について詳しくご紹介させていただきます。

 

元利均等方式

まずは元利均等方式についてです。

 

元利均等方式とは毎月の返済額を均一に保つ返済方式のことをいいます。

 

計算の結果毎月の返済額が1万円となった場合、支払いが完了するまで「毎月1万円」という返済額が変わることはありません。

 

元利均等方式による返済は毎月の支払額が決まっているため、計画的に返済をしていくことが可能です。ただし最初のうちは返済額に占める利息の割合が大きいため、元金の減りが遅くなってしまうというデメリットもあります。

 

元金均等方式

次に元金均等方式についてです。

 

元利均等方式が毎月の「返済額」が一定であったのに対し、元金均等方式の場合は、毎月返済する「元金」の額が一定になっています。

 

つまり元金均等方式では毎月決められている元金に利息を加えた額を返済していくことになります。

 

この支払方法では毎月一定額の元金が減っていくため元金の減りが早いというメリットがあるのですが、返済当初は利息部分が高くなってしまうため返済額が高くなるというデメリットもあります。

 

どちらがいい?

では、元利均等方式と元金均等方式ではいったいどちらがいいのでしょうか?

 

実はこれら2つの返済方式のうちどちらがいいのかということについては、その人のライフスタイルや性格、借入金額によるといわざるを得ません。

 

例えば近い将来収入が減少することが予想される方の場合は、収入が多いうちに少しでも多くの返済をすることができる元金均等方式の方が適していますし、毎月計画的にコツコツ返済していきたいという方にとっては、元利均等方式のほうが適しています。

 

どちらの方法をとるかによって返済総額が大きく変わることもありますので、利用する消費者金融業者がどちらの返済方式を採用しているのかということについて、必ずチェックしておきましょう。

 

消費者金融業者のホームページでは、その業者がどちらの返済方式を採用しているのかということや、その返済方式で毎月の返済を行った場合、返済期間や総額はいくらになるのかといったことについてのシミュレーションをすることもできますので、キャッシングをする前にはぜひチェックしてみてください。