返済に困った場合はどうする?

返済に困った場合はどうする?

消費者金融等で借入をした場合、毎月その借入額を返済していかなければなりません。

 

しかし生活をしていると急にお金が必要になったり、勤務先が倒産してしまったりして、返済に困ってしまうこともあり得ます。では、返済に困った場合にはいったいどうすればいいのでしょうか。

 

ここでは、返済に困った場合の対処法についてご紹介させていただきます。

 

すぐに連絡を

借入金の返済は、数日間から数週間遅れてしまうと「延滞」という扱いになります。
そして返済を61日以上延滞してしまうと、「事故」として信用情報機関に登録されてしまいます。

 

皆様も一度くらいは「ブラックリスト」という言葉を聞いたことがあるかと思いますが、信用情報機関に事故情報が登録されるということは「ブラックリストにのる」ということですので、それ以降は借入はもちろん、クレジットカード等を作れなくなってしまうこともあります。

 

そこで支払いが遅れそうになった場合には、直ちに消費者金融に連絡を入れるようにしましょう。
そうすることによって、2週間程度は事故扱いにされないで済みます。

 

また2週間以内、できれば数日以内に振込をして返済すれば事故として記録されることがなく、その後新たに借入をする際の審査に落ちてしまうということもありません。

 

どうしようもない場合には任意整理

キャッシングを利用している方、特に複数の業者からの借入がある方の中には、どうしても期日内に返済をすることができない方もいらっしゃるかと思います。

 

そういう方には、任意整理の手続きをおすすめします。業者との間で今後の支払いについて協議することによって、返済方法や支払期日を変更することができるのです。

 

また任意整理などの法的な手続きをするとかなりの費用がかかると思われている方もいらっしゃいますが、そんなことはありません。もちろん弁護士を雇った場合にはある程度の出費を覚悟しなければなりませんが、任意整理は個人でも簡単にすることができます。

 

任意整理をした場合には「事故」として扱われ、ブラックリストに載ってしまいますが、その情報は数年で消去されます。また任意整理はあくまでも本人と業者との「交渉」になりますので、その事実が外部に漏れることはありません。

 

自己破産をした場合は官報公告に名前が掲載されてしまいますので、そのことを思えば任意整理の方がそのペナルティーは断然小さなものになります。

 

いつまでもずるずると延滞を続けて自己破産するしかない状態になってしまうよりは、任意整理をしてコツコツと返済していく方がいいといえるでしょう。