収入証明書って何?必ず必要なの?

収入証明書って何?必ず必要なの?

収入証明書とは?

キャッシングの申し込みをする場合には、原則として収入証明書を提出する必要があります。

 

収入証明書とは借入を行う人の収入を証明する書類で、源泉徴収票や給与明細書、市民税・県民税決定通知書、課税証明書、所得証明書などがこれに当たります。

 

源泉徴収票と給与明細書はお勤めになられている会社で、市民税・県民税決定通知書、課税証明書、所得証明書に関しては市町村役場等において発行してもらうことができます。

 

収入証明書がいらない場合

では、キャッシングをする際は必ず収入証明書が必要になるのでしょうか。収入証明書の提出が必要となると、市役所等に出向いて書類を整えなければならないため少々面倒ですよね。

 

しかし安心してください。
実は、一定の場合には収入証明書を提出しなくてもお金を借りることができます。

 

そしてその「一定の場合」とは、

借入限度額が50万円以下の場合
他社との借入総額が100万円以下の場合

です。

 

ただ、こうして数字だけ並べられてもあまりピンときませんよね。
そこで具体例を挙げてみていきましょう。

 

例1)他に一切借り入れがなく、今回の申込みで40万円の借入を希望する場合
→希望借入金額が50万円以下であるうえ他社との借入総額が100万円以下であるため、収入証明書なしで借入をすることができます。

 

例2)他社で60万円の借入をしていて、今回の申し込みで30万円の借入を希望する場合
→希望借入金額が50万円以下であるうえ他社との借入総額が100万円以下(今回の例では90万円)であるため、収入証明書がなくても借入をすることができます。

 

例3)他社で30万円の借入をしていて、今回の申し込みで60万円の借入を希望する場合
→他社との借入合計は100万円以下(90万円)ですが、希望借入額が50万円を超すため、収入証明書が必要となります。

 

お分かりいただけましたでしょうか。

 

つまり、ご希望の借入額が50万円以下で、その希望借入額と現在他社で借り入れている金額(返済済みでないもの)の合計金額が100万円以下の場合には、収入証明書不要でお金を借りることができるのです。

 

そのため、例えば初めてキャッシングを利用される方で希望借入額が50万円以下であるという場合には、収入証明書のことについて心配する必要はないということになります。

 

運転免許証や健康保険証、パスポートなどの本人確認書類のみで、キャッシングの申し込みをすることが可能です。