キャッシングの申し込みにはこの書類が必要

キャッシングの申し込みにはこの書類が必要

キャッシングの申し込みをする場合、書類をそろえる必要があります。ここでは、具体的にどのような書類を揃えなければならないのかについて、ご紹介させていただきます。

 

即日融資を利用する場合は特に、必要書類をあらかじめ揃えておくことによって手続きをスムーズに進めることができるので、ぜひチェックしておいてください。

 

キャッシングの申し込みをする際に必要となる書類は、@本人確認書類、A収入証明書類の2種類になります。それではこの2種類の書類について、少し詳しく見ていきましょう。

 

本人確認書類

まずは本人確認書類についてです。

 

本人確認書類とは借入をする人の名前や住所等が申込時に申告したものと相違ないかを確認するためのもので、運転免許証の写しを提出するのが一般的です。

 

運転免許証を持っていないという方の場合は、健康保険証やパスポートでも構いません。

 

またご結婚等を機に引っ越しをされた方で本人確認書類に記載されている住所と現住所が異なるという場合には、現住所が記載されている書類(電気料金の請求書や国税・地方税の領収書など)が必要となります。

 

ちなみに外国籍の方がキャッシングの申し込みをする場合には、本人確認書類の他に「在留カード」もしくは「特別永住者証明書」が必要となりますので、併せて用意しておきましょう。

 

収入証明書類

次に収入証明書類についてです。

 

収入証明書類とはその名の通り収入を証明するためのもので、源泉徴収票や確定申告書、給与明細書などがこれに当たります。源泉徴収票と確定申告書は最新のものを、給与明細書に関しては直近2か月分と1年分の賞与明細書が必要となります。

 

ただしキャッシングの申し込みをする方は必ず収入証明書類を提出しなければならないのかというと、そうではありません。

 

希望借入額が50万円以下の場合
希望借入額と他社での利用残高の合計が100万円以下の場合

 

については、収入証明書類を提出する必要がありません。

 

つまり収入証明書類を提出しなければならないのは、50万円を超す借入を希望する方か、今回の借入で他社との借入合計額が100万円を超える方のみということになります。

 

そのため、例えば他社での借り入れがない方で「今月ピンチだからお給料日まで3万円を借り入れよう」というような場合には、収入証明書類を提出する必要はありません。

 

運転免許証さえあれば、キャッシングの申し込みをすることができます。

 

 

キャッシングの申し込みというとなんだか難しいようなイメージもありますが、
基本的には運転免許証さえあれば簡単に申込むことができるのですね。