総量規制という制度について

総量規制という制度について

少し前までCMで耳にする機会も多かった「総量規制」ですが、一体何のことなのかご存知ですか?

 

「総量規制」という制度の名前を聞いたことがあるという方でも、その制度の内容についてまでは詳しく知らないという方も多いかと思います。

 

そこでここでは、総量規制について詳しくご説明させていただきます。

 

総量規制ができた背景

総量規制がなかったころは、審査にさえ通ればいくらでも借入をすることができていました。

 

そのため、複数の業者から少しずつ借入をしたり、返済をすることができなくなった人が他の業者から新たに借り入れをしたりして、債務超過状態に陥ってしまう人が沢山いたのです。

 

またあちこちでキャッシングをした挙句返済ができなくなり、自己破産をするしかなくなってしまった方も沢山いました。総量規制は、こうした背景をもとに創設された制度というわけです。

 

総量規制とは

では、総量規制とは一体どのような制度なのでしょうか。

 

総量規制とは貸金業法において規定されている制度で、簡単に言うと年収の3分の1までしか借り入れをすることができない制度のことをいいます。

 

例えばあなたの年収が300万円であるという場合、この制度ができたことによって100万円までしか借り入れをすることができなくなりました。

 

ちなみにこの借入額は複数社の借入総額を意味しますので、上の例において既に他社から70万円の借入をしているという場合には、残り30万円までしか新たな借り入れをすることができないということになります。

 

えっ?じゃあ住宅ローンがあるとキャッシングを利用できない?

では、住宅ローンやマイカーローンなども総量規制の制約を受けるのでしょうか。

 

住宅ローンなどは特に、年収の何倍もの金額を借りることになるため、これが総量規制の対象となってしまうとキャッシングを一切利用することができないということになってしまいます。

 

しかし安心してください。

 

住宅ローンやマイカーローンは総量規制の対象外となっているため、たとえこれらのローンを抱えている方であってもキャッシングを利用することは可能です。

 

また銀行系のカードローンについても、総量規制の対象外となっています。

 

そのため、他社での借り入れがある方で消費者金融からの借入は総量規制の関係上不可能であるという方には、銀行系のカードローンをおすすめします。

 

もちろん無計画な借り入れをおすすめするわけではありませんが、いざという時のために総量規制対象外の借入方法を知っておくと安心することができますよね。