勤務先への在籍確認って?

勤務先への在籍確認って?

在籍確認の方法

キャッシングを利用するにあたって避けて通ることができないのが、「在籍確認」です。

 

キャッシングの申し込みをする際には必ず勤務先について記入しなければならないのですが、審査を行う際には、申込者が本当にその勤務先に努めているのかどうかについて在籍確認をするのです。

 

では、在籍確認はどのようにして行われるのでしょうか。

 

ほとんどの消費者金融業者では、電話連絡によって在籍確認を行っています。
申込み者の勤務先に電話をかけ、「○○さんいらっしゃいますか?」などと尋ねるのです。

 

在籍確認でキャッシングがばれることはある?

ここで心配になってくるのが、在籍確認をされることによって会社や同僚に消費者金融でお金を借りようとしていることがばれてしまうのではないか、という点です。

 

しかし安心してください。
在籍確認によってキャッシングの事実がばれてしまうことは、絶対にありません。

 

というのも在籍確認をする際には、「消費者金融業者○○の担当の者ですが」などとは言わず、必ず担当者の個人名を名乗ることになっています。

 

貸金業法において消費者金融業者は契約の事実を契約者以外に知らせてはならないことになっているため、もしも消費者金融業者を名乗って会社に電話をしたりしたら、その行為自体が法律に引っ掛かってしまう可能性があるのです。また以前は偽名や嘘の会社名で電話をかけたりすることもありましたが、現在はそういった行為も禁止されています。

 

そのため、在籍確認をされたことによって会社にキャッシングの事実がばれてしまうのではないか、と心配する必要は一切ありません。

 

電話が来たとき本人がいなかった場合はどうなる?

本人が不在であった場合は「携帯電話の方にかけてみます」などといって電話を切りますし、

 

会社の方から「折り返し電話をさせます」などといわれた場合には、
「ただいま外出中のため結構です」などといって断ります。

 

消費者金融業者では様々なケースに備えてしっかりと
マニュアルが作成されていますので、どうかご安心ください。

 

また消費者金融業者によっては在籍確認をするにあたって都合のいい時間帯を希望することが可能ですので、事前に確認しておくと安心ですね。

 

ちなみにどうしても在籍確認をされたくないという場合には、社員証や給料明細書等、確かにその勤務先に在籍しているということを証明できる書類を提出することによって、在籍確認を完了させることもできる場合もあるようです。

 

詳しくは、各消費者金融業者に問い合わせてみてください。